MSシャーシのミニ四駆、リヤユニットを上下可動できるよう簡単に改造はできないかな?(後編)

   2017/03/31

TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

ミニ四駆への妄想具現化のため、「シャーシのリヤユニットが上下動作するよう加工」する実験をしてみました。センターシャーシとリヤユニットの当たり面を少し削ったら、粗削り感は残っていますが、無事、リヤユニットが上下可動してくれるようになりました。

魅惑の3分割構造、MSシャーシ

ミニ四駆のシャーシの中でも、フロントユニット、センターシャーシ、リヤユニットの3分割構成シャーシというのは異色で、とても興味深い構造です。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシ、3分割。

この構造を見ていると、割と簡単にあんなことやこんなことができちゃうんじゃないかと妄想いろいろしちゃいます。実際、みなさん、サスペンションを組み込んだりしていますよね~、すごいです。

リヤユニットの接触面を0.1mmほど削ってみる

というわけで、うちでもちょっと変わったこと(ネットで検索した限りでは見当たらないので、とりあえずオリジナルとしておきます)をやってみたいな、と思って、簡単な加工でリヤユニットが上下可動できるようにできないか模索中です。

ここまで、単に爪を切る、穴上部をテーパー状にしてみたものの、全く変化なく、、T字部分を少し前後方向に広げてみる、とやってみましたが、ちょっと動くようになったかな?ぐらいの結果しか得られませんでした。

MSシャーシのミニ四駆、リヤユニットを上下可動できるよう簡単に改造はできないかな?(前編)

うーむ、これをやっても状況変わらなかったらお手上げですが、センターシャーシとリヤユニットが接している面を削ってみることにしました。加工のしやすさからリヤユニット側を削ります。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

まずは電池金具を隠しているリヤユニットのでっぱりをニッパーで切ります。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

軽く、カッターナイフで整形します。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

ん?こんなもんかな?
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

まあ、これでは変化はないだろうと思いつつ、試しにセンターシャーシに取り付けてみましたが、やっぱり変化はありません。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

続いて、接触面をヤスリで削ってみます。大きめのヤスリでのんびりと、均等に力を掛けながら削っていきます。大きめのヤスリが無い場合は、紙やすりを台に敷いて、リヤユニットを押し付けるように削ってもよさげです。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

ホイールを外したくなかったので、養生テープで削り粉がベアリングなどに入らないよう、マスキングします。今度やるときは、シャーシ単体の状態でやろうと思います。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

こんな感じかな?普通のヤスリでざっくり削り、ダイヤモンドヤスリで表面を綺麗にしました。ちょっと雑ですがまあ実験なんでこんなもんで。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

さて、どうかなどうかな?ドキドキ…。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

お!スコっと行きましたよ~。ここの当たりが最後のキュっとくる部分だったようです。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

Fグリス(フッ素樹脂配合) で仕上げ

最後はFグリスでさらに滑りをよくして仕上げてみます。グリスって粘性があるので「滑りを良くする」という目的からは離れていますが、「グリスが大方取れてフッ素が残って滑りが良くなる」ことを期待して使ってみることにしました。
TOYz BAR☆ミニ四駆 Fグリス。

う、初開けしたらブニュっとなってしまいました。なるべくチューブには力を加えないように持っていたつもりだったんですが、ちょっと失敗でした。
TOYz BAR☆ミニ四駆 Fグリス。

というわけで、リヤユニットとセンターシャーシの接触面やパイプ部分にFグリスを塗ります。
TOYz BAR☆ミニ四駆 Fグリス。

それでもまだ飛び出したFグリスがあるので、ついでにギヤの方も塗っておきました。
TOYz BAR☆ミニ四駆 Fグリス。

ガシャガシャ動かして余分なグリスを押し出して拭き取っていきます。この時点でリヤユニットの上下可動具合、なかなかいい感じです。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

さてどうでしょう?
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

お、センターシャーシを持ち上げただけでリヤユニットが外れてくれました。もう一声感はありますが、かなりスムーズに動くようになりました。よしよし、目論見通りです。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

ちなみに削った量ですが、削る前の厚みを測定するのを忘れていたので、同じMSシャーシのネオファルコンからリヤユニットを外して測定しました。こちらは1.2mmです。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

そして削った後の厚みは…1.1mmでした。
TOYz BAR☆ミニ四駆MSシャーシのリヤユニットが上下可動できるように加工。

 

これでマズダンパーの基礎部分はOKかな?次回の記事ではマズダンパーの熱い妄想を語ります。

 

今日の一言二言三言

 

  • Fグリスは滑りも良好。

 

ちなみに妄想第一弾は「ソライヌ構造」、第二弾が現在進行中の「マズダンパー」、さらに第三弾もあって「タレブレーキ」です。まだ走行させておらず「机上の空論」状態であり、効果のほどはハテナですが、ステップバイステップで具現化していこうと思います。

 

ミニ四駆カテゴリのタグ解説

子供たちがミニ四駆を始めたので父も一緒に始めました。前世紀はトルクチューン+プラローラーぐらいでどれくらい速くなるかな?とかやっていましたが、今もニッチに楽しんでいます。
タグでちょっとわかりにくいものがありますので説明付きでリンク貼っておきます。
  • 子供ミニ四駆 小学3年生と年長さん(2016.01現在)のSiSO-Jr.1とSiSO-Jr.2のミニ四駆活動記録です。特に幼稚園児のSiSO-Jr.2がどれくらいできるのかというあたりは他の親御さんの参考になるかも。
  • 調律ミニ四駆 手軽に入手可能な道具と簡単な工作レベルで作った素組みミニ四駆(ノーマルモーター、追加パーツ無し、ほぼ改造無し)はどれくらい速くなるかな?と大げさに研究中。
  • 妄想ミニ四駆 ミニ四駆について考察をするふりをしながら妄想にふけっています。でも、もっともらしい説明がされている有用かもしれないっぽい情報もあるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. わたべ より:

    MAやMSシャーシを触った事すらないのですが実際に電池入れて稼働させるとギアの回転でリアユニットが常に上または下に押し上げられるのではないのでしょうか?
    あとユニットが動くことによりギアのかみ合わせは大丈夫なのかなど思いながら記事を読ませてもらいました
    前後サスペンションのごとく柔軟に動いてスロープを滑らかに走ったら楽しいでしょうね。頑張ってください

    • SiSO より:

      わたべさん>
      さすが鋭いですね!タイヤにかかる加減速の方向でリヤユニットにかかる力が変わります。この構造は、マスダンパー的なものを狙っており、着地時などにオモリ代わりにセンターシャーシを持ち上げる構造をめざしています。一定速度で走行中はあまり影響は無さそうですが、ジャンプ着地時等、タイヤが急に減速する場合など、マスダンパー効果より先にセンターシャーシが持ち上がっちゃうかも、なんてこともあるかもです。
      ギヤは、この構造も同様ですが、単純に上下動作するサスペンション搭載ミニ四駆では、ギヤがかみ合わされなくなる時間ができることがあります。何ミリまで大丈夫か、とか、はこれから実験ですが、とりあえず3mmは全く問題ないです。ただ、3mmだと効果が弱そう…(現在、実験中)。

  2. raven より:

    おおー、ついにサス的なものに挑戦ですか。
    http://sitosama.blogspot.jp/2012/10/blog-post_23.html
    このブログ記事ではタイム的にはサス車はおすすめしないと書かれており、
    たぶんそうだろうなとは思いますが趣味性と研究も大事ですよね。
    車などのサスと比べるとスプリングだけでダンパーがないのも難しそうです。

    • SiSO より:

      ravenさん>
      サスペンションは超魅力的な機構ですが、総合的に考えるといろいろ疑問多いですよね。サスペンション可動させる範囲を作るぐらいなら車高を下げたほうが効果的じゃないの?とか、ダンパーも搭載していればともかく、スプリングだけだとどうなの?とか重量の問題とか。でも夢を感じちゃいます。ということで、サスペンションではないのですが(懸架機構といえばそんな気もするので、サスペンションと言ってもいいかも)、車高、重量などの問題をクリアした機構を研究中です。いや、既に自分で色々疑問を感じている状況ですけど…。ま、何ごとも研究です。

  3. フロンテ@CマグナムTRF より:

    サス車はジャンプ後の安定性の為に駆動力がいくらか犠牲になりますよねぇ
    重心については静止状態で地上高1mmあればいいわけですから、そこからさらに下がってセンターシャーシを地面に叩きつけて安定させる。なんて改造もありましたね

    • SiSO より:

      フロンテ@サイクロンマグナムTRFさん>
      着地時の駆動力減は、いくつか要素があって、跳ねる(無対策車)、ギヤ抜ける(サス車)、重くなる(マスダンパー車…これは着地に限らないですけど)などかな~なんて思っています。これらをバランスよく解決すべく、あれこれ妄想しています。
      ところで、サス車でセンターシャーシをコースに当てるのは、紳士協定的に避けたいですね~、と、コース所有者として思います。規則のグレーゾーンかな?そういえば提灯も大きく稼働させると7cm高を超えるものもありそうですよね。極論をいうと、走行中、ローラー幅が110mmになるとか…グレーゾーンだから審査者次第なところかな?

  4. raven より:

    そういえば可動する構造で寸法や最低地上高が変化する場合でも、規則にはどの条件で規定を満たせって記述はないですね。現状では静止状態で測定してるんでしょうけど。
    「コースを傷めたりするような改造と判断された場合」は失格という規定はあるので、場合によってはそっちに抵触するでしょう。

    • SiSO より:

      ravenさん>
      なるほどなるほど。ローラー幅が変わってブレーキがかかるなんていう機構も面白そうですね~。まあ、書いてない=やっていいとも違うだろうという事でグレーゾーンでしょうけど、妄想がさらに広がっていく予感です。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*