ミニ四駆PRO MSシャーシ用ハイスピードEXギヤセット(チョイ速ギヤ)は超速ギヤと入れ替え可能で使いやすいかな?

   2016/11/26

TOYz BAR☆ミニ四駆・ハイスピードEXギヤセット
超速ギヤ(3.5:1)とハイスピードEXギヤ(3.7:1)は、スパーギヤがどちらもピンクギヤです。そのため、タミヤのミニ四駆規則に反することなく、カウンターギヤの変更をするだけでギヤ比の変更が可能です。ちょっとセッティングの幅ができてうれしいですよね!

超速ギヤと超速EXギヤのピンクギヤは同じものかな?

ホイールの抜き差し無しでギヤ比を変更し、若干でも速度重視とか加速重視なセッティング変更ができたらいいですよね!タミヤのミニ四駆の場合、ギヤは色で判別することが多いです。

超速ギヤセットとハイスピードEXギヤセットには、スパーギヤとしてピンクギヤが入っています。恐らく同じものだろうと踏んで(規定の組み合わせじゃないと規則違反なので)セッティングに幅を持たせるために購入してみました。
TOYz BAR☆ミニ四駆・ハイスピードEXギヤセット

ハイスピードギヤEXのギヤはカウンターギヤがイエロー(ちょっと微妙な黄色だな)、スパーギヤはピンクです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・ハイスピードEXギヤセット

アストラルスターに同梱されている超速ギヤと並べてみました。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤ

超速ギヤと超速EXギヤの正確なギヤ比

というわけで、デジカメで写真にとり、チマチマっとMSペイントで数えてみました。実物をにらみつけていても頭が混乱するだけですが、写真にマーキングしながら数えると簡単です。まずはピンクギヤです。歯数は22です。
TOYz BAR☆ミニ四駆・スパーギヤの歯数を数えみる。

続いてカウンターギヤの方です。こちらはチョイ速カウンターギヤが歯数28と歯数21、超速カウンターギヤは歯数28と歯数22です。
TOYz BAR☆ミニ四駆・カウンターギヤの歯数を数えみる。

モーターに付いているピニオンギヤは歯数8なので、これらを計算すると、以下のようになります。

  • ハイスピードEXギヤセット=(28/8)*(22/21)=3.66…7
  • 超速ギヤセット=(28/8)*(22/22)=3.5

それではスピードチェッカーに乗せて、どれくらいの速度差が出るのか試してみたいと思います。

おまじない的にギヤのブレークイン

MAシャーシ、ギヤについては正直、よくわかんなくなっているブレークインという行為…MSシャーシもMAシャーシと同じ両軸モーター構成なので、やっぱり謎を感じたりするのですが、おまじない的にシャーシ、ギヤのブレークインをしておきます。
TOYz BAR☆ミニ四駆・定電圧電源でMSシャーシのブレークイン

やっぱり、前後方向、両方当たりをつけておいた方がいいのかな?ということで、電源は外部から供給して正転、逆転、両方回しておきました。

まずは1.5Vで10分間逆転します。なんで逆転から始めるかと言うと、シャーシに関しては気分です。
TOYz BAR☆ミニ四駆・定電圧電源でMSシャーシのブレークイン

続いて1.5Vで10分間正転します。
TOYz BAR☆ミニ四駆・定電圧電源でMSシャーシのブレークイン

そろそろ本気の3Vで逆転10分間。かなりガシャガシヤ言います。
TOYz BAR☆ミニ四駆・定電圧電源でMSシャーシのブレークイン

仕上げのラスト10分、3V正転です。
TOYz BAR☆ミニ四駆・定電圧電源でMSシャーシのブレークイン

シャフトはいつも結構汚れるので、何か削れて馴染んできている気はします。でも、ギヤあまり変わっている気はしません。カウンターギヤはそのうち少しだけ抵抗抜き実験をしてみようと思っています。
TOYz BAR☆ミニ四駆・MSシャーシのブレークイン後、シャフトの状態

シャーシの方ですが、カウンターギヤのシャフト受け部分、そこそこ削れるんですよね。本当はここ、機械設計的には回っちゃいけない部分な気がしないでもないですが、回っているようです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・MSシャーシ、ブレークインすると結構カウンター軸受け部分が削れる。

まあ、軸受け部分も回ってシャフトも回って効率がいいような気がしないでもないですが…。 とりあえずグリス塗っておきます。この、グリスをチューブから出すということが、小学校低学年には力が足らず難しいようです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・グリスって子供の力だと大変だよね。

同様にハイスピードEXギヤセット(3.7:1)も行って掃除した後、爪楊枝でチョンチョンと数か所(5~6ポイントぐらいかな)に塗っておきます。そんなに丁寧に塗り延ばす必要はないと経験上思っています。
TOYz BAR☆ミニ四駆・ギヤグリスアップ

後はギューンと回して余分なグリスを飛ばします。これでだいたい均等にグリスが付きます。
TOYz BAR☆ミニ四駆・ギヤグリスアップ後のグリス飛ばし

早速、ミニ四駆チェッカーでタイムアタック

電源は安定化した3Vを供給、モーターはノーマルモーターです。シャーシはMSシャーシ(軽量センターシャーシ)、タイヤはYスポークホイール+ノーマルのローハイトタイヤ(中径)です。

ハイスピードEXギヤセット

まずはイエローのカウンターギヤ、ハイスピードEXギヤ(「超速ギヤ」にかけて「チョイ速ギヤ」とはなかなかのネーミングセンスですね!)です。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

スピードチェッカーに乗せて軽く最高速度を計測してみます。ふむ、22km/hです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

続いてタイムアタックです。以前は300mで計測していたのですが、300m走を何度もやっているとモーターがすぐにヘタっちゃうので、今は100m走にしています。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

ん、まあ予想どおりの16.50秒でした。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

この後、4回走らせて合計5回測定しました。結果は以下の通りです。

  • ハイスピードEXギヤ…16.50、16.53、16.46、16.40、16.43
  • 平均タイム…上下(16.40、16.53)を除いて平均、16.46秒

超速ギヤセット

続いてはグリーンのカウンターギヤ、超速ギヤです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

スピードチェッカーに乗せて軽く最高速度を計測してみます。ふむ、23km/hです。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

続いてタイムアタックです。同じく100m走で計測します。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

予想どおり、チョイ速ギヤよりやや早い15.71秒でした。
TOYz BAR☆ミニ四駆・超速ギヤとハイスピードEXギヤをスピードチェッカーで比較

この後、4回走らせて合計5回測定しました。結果は以下の通りです。

  • 超速ギヤ15.71、15.71、15.81、15.65、15.59
  • 平均タイム…上下(16.59、16.81)を除いて平均、15.69秒

超速ギヤセットとハイスピードEXギヤセットのタイム比較

というわけで、最終結果です。

  • 16.46秒/15.69秒=1.049
  • 3.67/3.5=1.049

スピードチェッカーの上のためというのもありますが、恐ろしいぐらいに面白くない計算通りの結果になりました。まあ、それだけ各部品がいい状態になっているということかな。

 

今日の一言二言三言

 

  • ハイスピードEXギヤセット(3.7:1)をもう一桁精度を上げるとギヤ比は3.67:1である。
  • 超速ギヤセットとハイスピードEXギヤセットのピンクギヤは同じものである。

 

ギヤ比が大きくなると単純には最高速度が落ちて加速が良くなる傾向があります。しかし、モーターにかかる負担が減る分、意外に最高速度が落ちないかもしれませんし、駆動効率によっては思ったより悪くなるかも…。

と、いろいろ心配はしましたが、スピードチェッカーで空走している程度の負荷とはいえ、計算通りになってびっくりしました。

あ、今回、プラ軸受で実験していますけど、実は520ベアリングを追加で購入するのを忘れまして…。実際に走らせるときは520ベアリングを入れます。

 

ミニ四駆カテゴリのタグ解説

子供たちがミニ四駆を始めたので父も一緒に始めました。前世紀はトルクチューン+プラローラーぐらいでどれくらい速くなるかな?とかやっていましたが、今もニッチに楽しんでいます。
タグでちょっとわかりにくいものがありますので説明付きでリンク貼っておきます。
  • 子供ミニ四駆 小学3年生と年長さん(2016.01現在)のSiSO-Jr.1とSiSO-Jr.2のミニ四駆活動記録です。特に幼稚園児のSiSO-Jr.2がどれくらいできるのかというあたりは他の親御さんの参考になるかも。
  • 調律ミニ四駆 手軽に入手可能な道具と簡単な工作レベルで作った素組みミニ四駆(ノーマルモーター、追加パーツ無し、ほぼ改造無し)はどれくらい速くなるかな?と大げさに研究中。
  • ミニ四駆考察的妄想 ミニ四駆について考察をするふりをしながら妄想にふけっています。でも、もっともらしい説明がされている有用かもしれないっぽい情報もあるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*